シミ・そばかす対策で夏を迎えましょう

気になるシミやそばかす、1度出来てしまうとなかなか消えないですよね。シミそばかす対策はまずは出来る前に予防するのが1番!しっかり対策して夏を迎えましょう♪

まずは洗顔から。
美白化粧品を使うことも大切ですが、まずは落とすことから!

溜まった古い角質や空気中のチリなどが付着しお肌が汚れた状態だとせっかくの化粧品も入っていきません。正しい洗顔方法で落としていきましょう。
しかし、落とすと言ってもごしごしと洗ってしまうとかえってお肌の負担になる事もあります。ふわふわにしっかりと泡立てた泡で肌に手が触れないくらい優しく泡で包むように洗います。小鼻周りなどの細かい部分は指の腹を使って優しく、くるくると洗います。

すすぎは、ぬるま湯か水がおすすめです。お湯で流すと必要な皮脂まで落とし過ぎて乾燥につながることもあるためです。また、顔を拭く時はタオルで優しく押さえるように水分を吸収させましょう。

洗顔後は化粧水で潤いチャージ
洗顔後は皮脂や古い角質を落とすことで一時的に乾燥しやすい状態になります。たっぷりの化粧水で保湿しましょう。
しかし、紫外線によってダメージを受けた角質は、乾燥して硬くなり、化粧水などが入りにくい状態になります。美白のためにも、まずは潤いを十分に与えて肌を健康な状態に戻し、その後美白成分を取り入れていくのがおすすめです。

夏でも乳液はしっかり使って
夏になり暖かくなると化粧水や美容液は使用しても、乳液は使用していないという方もいるかもしれません。しかし、シミ・そばかすを対策するためには、美白だけでなく保湿もとても大切なポイントです。
化粧水や美容液が蒸発しないためにも、乳液で蓋をしてあげる必要があります。そのため、乳液もしっかり使いましょう。

クリームや美容液の使用は?
化粧水・乳液をしっかりおこなっていれば、クリームや美容液の使用は必須というわけではありません。
しかし、少しでも早くシミ・そばかすを改善したいのであれば、クリームや美容液の使用がおすすめです。
クリームには、栄養を閉じ込め血行を促進する働きが期待できます。美白美容液には、シミ・そばかすの原因であるメラニンに直接働きかけてくれる効果を期待できるのです。

パックのタイミングは?
パックは、多くやりすぎる必要はなく、種類にもよりますが、基本的には「肌が疲れていると感じた時」や「強めの日差しを受けてしまった時」の使用が効果的だと言われています。
塗って剥がすタイプや洗い流すタイプは、古い角質や余分な皮脂を落とすことが主な用途です。このタイプは、頻繁におこなうと肌の機能が必要以上に促進されしまうため、1〜2週間に一度くらいにしておきましょう。
顔型のシートに美容成分を含ませているものは、じっくりとその美容成分を肌に浸透させることができますが、美白成分は効果が高い分刺激が強いこともあるため、長時間の使用は避けたほうが良いと言われています。こちらは週に1〜2回程度の使用がおすすめです。

シミそばかすに有効な化粧品は?

 

シミ・そばかすに効果的な化粧品選びは、まず何を目的にするのかを意識すること、そして選んだ化粧品で美白効果をきちんと得られるのかを知ることが大切です。

厚生労働省が認可した「薬用美白成分」を配合されたものを選ぶのもおすすめです。

プラセンタエキス、コウジ酸、ハイドロキノンなどがそれにあたります。この「薬用美白成分」は、メラニンの生成や黒化を阻害する作用があり、シミの予防や改善に効果があることが認められています。

こういった美白化粧品を使用するにあたって何よりも大切なのは、「毎日使い続けること」です。シミの元となるメラニンは毎日作り出されるので、それを抑制するためには毎日使わなければ意味がないのです。

また、再生因子など細胞の活性を促す成分はお肌のターンオーバーを助け、古い角質やメラニンの排出を助けてくれるので美白も期待できます。こちらは定期的に取り入れるだけで毎日使わなくても効果が期待できるので手軽ですね。

目元ケアにはサイセイリニューが手軽に使えますが、お顔全体のシミ・そばかすが気になる場合はサロンでのお手入れもおすすめです!

このような美白化粧品は即効性があるわけではないので根気が必要ですが、そもそも肌のお手入れやシミ・そばかすの予防は続けることが一番の方法です。一つ一つは些細なことでも、毎日続けるとなると負担に感じてしまうこともあるかもしれませんが、日々のケアが後々のお肌にとってはとても大切なことです。
自分の肌の状態を知り、正しい予防とケアをおこない健康できれいな肌を取り戻しましょう!