春のゆらぎ肌とは

まだまだ寒い日も続きますが少しずつ春の足音が聞こえてきましたね。

同時に花粉の気配も、、、。

春は肌トラブルの増える季節でもあります。

肌荒れして表面がざらついたり、いつも通りのお手入れをしていてもピリピリと刺激を

感じたりお肌が敏感になる、というお悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。

 

それは春のゆらぎ肌かもしれません。ゆらぎ肌とは一時的に肌荒れしたり、ニキビ、乾燥

など敏感肌になってしまうこと。ケアをしないままでいるとバリア機能が低下してシミやシワの原因になる事もあります。

ゆらぎ肌の原因は?

春先は暖かくなったと思えば急に寒さが戻ってきたり、昼と夜の寒暖差も激しく

その気温差がゆらぎ肌を引き起こします。また、この時期は乾燥もしやすく

3月頃からは紫外線量も増加してきます。特にシミの原因になると言われている

紫外線のA波は夏よりも春が1年で最も強いと言われています。

また、花粉も肌荒れの原因の1つとされています。くしゃみや目のかゆみだけでなく

肌表面でもアレルギー反応でかゆみや肌荒れを引き起こします。

 

ゆらぎ肌への対策は?

春のゆらぎ肌への対策は何と言っても保湿ケアです。

お肌をしっかり保湿して上げることでお肌のバリア機能を高めターンオーバーを

整えてあげる事が重要です。

お肌がピリピリと感じるのは肌のバリア機能が低下している証拠。そんな時は低刺激の

化粧水やワセリンなど刺激の少ない保湿アイテムでしっかり保湿して上げましょう。

また、紫外線対策も忘れずに。外では外的刺激からお肌を守るためにUVカットの化粧品を使うのも効果的。しっかり落としてあげれば肌への負担も少なくお肌を守ってくれます。

帰宅後は早めに、そしてしっかりメイクオフして下さい。

 

保湿だけでなく、食事や睡眠、ストレスコントロールも勿論大切です。

春は新しい生活のスタートや環境の変化も多くストレスも感じやすい季節。

つい頑張り過ぎてしまいやすい時期ですが、自分自身のことも大切にケアしてあげましょう♪