体の内側からも美白ケア♪美白フードをご紹介

皆さんこんにちは。暑い日が続きますね。

今日は食べる美白ケアのご紹介です♪UVケアをしっかりしても全く日焼けしないのはなかなか難しいもの。そこで体の内側からもケアできる美白フードを取り入れてみましょう!

柑橘類

柑橘類に多く含まれるビタミンCは、メラニンの生成を抑制するシミ予防効果のほか、お肌のターンオーバーを促進しメラニンの排出を助ける効果があります。さらにビタミンCは強い抗酸化力があり肌全体の老化を防ぐ効果も期待できます。ビタミンCはたんぱく質と合わさることでコラーゲンとなり、紫外線によって破壊されたコラーゲンを補ってくれます。

注意したいのが摂取する時間。レモンなどの柑橘類にはソラレンという成分が含まれており、紫外線の吸収を促進してしまうことも、、、しかしソラレンの効果は2~6時間と言われているので夜に摂取するのがおすすめです!朝ごはんにフルーツなどイメージは良いですが、実は危険なのでご注意を!

 

トマト

トマトにはご存知の方も多いリコピンやビタミンが含まれています。リコピンをはじめとするカロテノイドは紫外線を浴びて発生する一重項酵素を取り除く働きをします。一重項酵素はメラニンを大量につくらせるほか、皮膚をつくるたんぱく質を酸化させシワの原因にもなります。

カロテノイドは他にも鮭やにんじん、カボチャ、エビ・カニなどにも含まれます。

 

アーモンド

アーモンドにはビタミンEやケルセチンが豊富に含まれています。抗酸化や血流改善などの効果が期待出来ます。アボカドにも多く含まれているのでサラダなどにおすすめです♪

 

いかがでしたでしょうか。ビタミンCなどはとり過ぎても体の外に排出されてしまいます。毎日少しづつでも続けて取ることが大切です。普段の食事にとりいれて目指せ美白肌!(^^)!