日焼けしちゃった!!正しいアフターケアは?

例年より早く梅雨も明けて今年は長い夏になりそうですね。

これからの時期、UVケアには気を付けていても長時間屋外で過ごしていたらうっかり日焼けしてしまったなんてことも。

そんなときの為に正しいアフターケアを知っておきましょう!

 

 

日焼け直後のケア

・お肌を冷やす

日焼けは軽い火傷を負った状態と同じなので、皮膚が炎症をおこしています。まずは日焼けした個所を冷やし肌の炎症を抑えましょう。冷やした水で濡らしたタオルや保冷剤を火照った部分などにあてて冷やします。

 

・しっかりと保湿

日焼け後の肌は乾燥し、お肌の水分が不足しがちです。日焼け止めなどをクレンジングでやさしく落とし、しっかり保湿ケアをしましょう。使用する化粧水は敏感肌用など刺激が少ない物がお勧めです。普段使っている化粧水でも日焼け後の肌状態では刺激になってしまう可能性もあります。また、美白作用のある化粧水をお使いの場合はアルコールや一部の有効成分が刺激となる場合があるので、日焼けの当日は美白ケアよりもまずは肌の負担にならない保湿を優先しましょう。消炎作用のある保湿クリームやワセリンなどもおすすめです。つける時もコットンでこするようにすると刺激になるので手で優しく押し込むようにお肌にのせていきましょう。もし日焼けがひどい場合や痛みが気になる場合は皮膚科の受診も考えましょう。

 

・水分補給

日焼けによって失われた水分を体の内側からもしっかり補給してあげましょう。出来れば常温のミネラルウォーターなどをたくさん取るようにしましょう。

 

翌日以降のケア

肌の痛みや赤みがひくまでは敏感肌用の化粧水を使うなどお肌の負担をなるべく軽減してあげましょう。冷蔵庫で冷やした化粧水を使うとお肌の鎮静効果も期待できます。塗布する時は手のひらで優しく押し込むように使いましょう。お肌の状態が落ち着いたらいつものスキンケアに戻したり、美白ケアを取り入れていきます。

 

日焼けはシミやシワの原因にもなります。紫外線ダメージは蓄積させないようしっかりケアましょう!ビタミンC配合の化粧水や美容液も有効です。ビタミンCはメラニン色素の抑制や色素殷着を防ぐ働きがあります。また肌のハリやコラーゲンの生成も助ける作用があるので日焼け後のケアにはおすすめです。ただ、効果は期待できる反面、肌が弱っている時は刺激になることもあるので自分の肌状態をしっかり見極めて適切なお手入れを心掛けましょう。

また、更なる日焼けを防ぐために日焼け止めも欠かさずに。SPFの高い日焼け止めは避けた方が無難です。日傘や帽子なども併用して賢く紫外線を防ぎましょう。

 

 

最後に

日焼けはしないことが1番ですが、全くしないのはなかなか難しいもの。日焼け止めや日傘など普段から可能な限りのケアをしながらしっかりスキンケアをすることで肌ダメージを最小限に抑えるよう心がけましょう。これから夏本番!紫外線と上手に付き合いながら夏を楽しみましょう♪